2006年07月11日

ねぇマスター

映画の時間まで少し余裕があったのでスタバに寄って、
そろそろカップの氷も全て溶けてしまうという頃になって
「あ、そうだ」と思い出してポケットからフリスクを取り出す。

フリスクのケースをカシャカシャとやると中から小さなオパールが
ジャラジャラ出てきて、それを見た彼女は「わぁ、綺麗」
と言いながら全部口の中に放り込み、噛み砕く。

「これをアナルに入れたら良さそうね」
「そうだね今度試してみようか」

という会話を交わし、映画には行かずに逆立ちしながら相撲を取る。




みたいなカクテルを作って。
posted by 鵺猫 at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。